設立趣意書

我が国の産業は、長引く景気低迷と産業のグローバル化による産業構造の著しい変化により、かつてない厳しい状況に置かれています。企業は、旧来の経営手法では、その変化への対応が困難となっており、あらゆる分野で変化と変革が強く求められております。
  こうした急速に変化する経済環境下で、企業が発展する為には、商品・サービス自体の良さだけでなく、顧客の視点に立った経営が求められ、顧客に対して高い満足を提供する仕組みとその展開が必要不可欠となっています。
  ご高承の通り、1990年代以降、アメリカ産業の再生と発展を支えてきた要因の一つにアメリカ国家品質賞「マルコム・ボルドリッジ賞(MB賞)」があります。
  この賞は国の産業の基本的なあり方を顧客の視点から見つめ直し、お客様の満足、不満足を勘ではなく数値で把握し、仕組みにより経営の改革を推進しようとする考え方です。我が国でも、このMB賞を礎に1995年(財)社会経済生産性本部が「日本経営品質賞」を創設し、業種や規模、組織形態を問わず、多くの企業が経営品質向上プログラムを取り入れ成果を上げつつあります。
  これからの21世紀、激動化する社会経済環境において、力強く成長・発展を遂げるためには、顧客本位の企業活動と経営体制が必要であり、そのためには経営品質向上プログラムについて深く学び、そして実践していくことが重要であります。
  この度の「埼玉県経営品質協議会」の設立によって、「埼玉県経営品質賞」を創設するとともに、広く県内企業の皆様が「経営品質向上プログラム」に出会い、真に競争力のある経営体質を構築するための契機となることが本協議会の願いであります。
  何卒、本協議会の設立趣旨をご理解賜り、積極的なご参加を心よりお待ち申し上げております。