2017年度の活動計画

2017年度スケジュール(予定)

2016年度スケジュール(予定)

↑上の図をクリックすると大きい画面で見ることができます。↑

▲ トップに戻る

会員対象サービス

※記載の内容は予定のものも含みますので、変更になることもございます。

埼玉県経営品質賞申請説明会

2017年度の申請を準備されている組織や社内でのセルフアセスメントを進めている組織、セルフアセッサーや審査員を志向している方向けに開催します。

6 月30 日(金)  (1)15:00〜16:30  (2)18:30〜20:00
(1)(2)は同じ内容です

  1. 日本経営品質賞アセスメント基準書
  2. 申請ガイドブック
  3. 現状報告書(申請書)の書き方
  4. 質疑応答
橋 清
説明者
橋 清
埼玉県経営品質協議会 運営委員
株式会社エンライト 代表取締役

▲ トップに戻る

トップの集い  全1回

この集いは、埼玉県経営品質協議会会員組織の経営トップ・幹部が参加して、協議会事業説明や受賞企業からの報告、日本経営品質賞受賞企業、経営品質専門家などの講演等を通して、経営革新を目指す経営幹部の経験交流と親睦することを目的としています。

▲ トップに戻る

ベンチマーキング実践  全2回

経営品質の高い組織を訪問して顧客価値提供プロセスのベンチマーキングを行います。

▲ トップに戻る

経営品質実践塾   全6回

〜成功企業から学ぶビジネスモデルとリーダーシップ〜

埼玉県経営品質協議会会員対象の講座ですが、非会員の方でも受講できます。

寺沢 俊哉
ファシリテーター
寺沢 俊哉
埼玉県経営品質協議会 判定委員
(公財)日本生産性本部主席経営コンサルタント

ファシリテーターは、一人ひとりのやる気を引き出すことで定評のある、Dr.テラこと寺沢俊哉氏です。2017年、経営を丸ごと良くする実践研修に、ぜひご参加ください。

開催日 テーマと内容
DAY1
9月13日(水)
【ビジネスモデル講座1】成功するビジネスモデル(総論)
  • 埼玉県経営品質賞受賞企業から学ぶ 「提供価値を組織の収益に転換する仕組み」と「変化へ対応する仕組み」
DAY2
10月11日(水)
【リーダーシップ講座1】成功するリーダーシップと組織風土
  • 自分らしいリーダーシップを発揮しよう!
  • 組織のビジョンや理念を共有しよう
DAY3
11月15日(水)
【ビジネスモデル講座2】成功するビジネスモデル(サービス・商業編)
  • 大和不動産、タカヤマ、武州瓦斯、新日本ビルサービス、コマーム   アイオプト 他SQA受賞企業から学ぶ成功のポイント
DAY4
12月13日(水)
【リーダーシップ講座2】プレゼンテーションスキルの向上
  • 人を動かすリーダーシップ(心に届く伝える技術)
  • 「発見の喜びを提供する」具体的なプロセスとは
DAY5
1月17日(水)
13:30-19:00
【ビジネスモデル講座3】成功するビジネスモデル(メーカー編)
  • 賛光精機、ハーヴィインターナショナル、三州製菓他SQA受賞企業
  • 西精工、万協製薬他JQA受賞企業から学ぶ成功のポイント
DAY6
2月14日(水)
【リーダーシップ講座3】ファシリテーションスキルの向上
  • 現場を巻き込むリーダーシップ(参加をうながす対話の技術)
  • 教える技術、育てる技術を磨き上げよう

▲ トップに戻る

オープンセミナー

顧客価値経営セミナー導入編 〜実例から長寿企業の秘訣を知る〜 全4回

本気で顧客本位の経営を目指したいと考えている経営者や経営幹部の皆様向けのオープンセミナー

寺沢 俊哉
コーディネーター
寺沢 俊哉
埼玉県経営品質協議会 判定委員
(公財)日本生産性本部主席経営コンサルタント

第1回 5月17日(水)
ソニックシティ会議室804
ゲスト講師:谷口 弘之 氏
(経営品質アセッサーフォーラム改革支援部
・やぐち戦略人財研究所所長)

■お客様の立場で考える
「お客様のため」と行動していたとしても、勝手な思い込みだとしたら売上は伸びません。「お客様は神様」と勘違いして隷属していたら、 こちらも残念ながら事業は発展しません。「お客様の立場」に立つという「顧客本位」発想の原点を再確認し、我が社の経営を見直しませんか。 成功事例、失敗事例を交えて、しっかりお伝えしてまいります。
第2回 6月14日(水
さいたま商工会議所業務本部会議室
ゲスト講師:橋本 元司 氏
(経営品質アセッサーフォーラム改革支援部
・新価値創造研究所所長)

■独自性を発揮する
勝ち残るためには、他者に模倣されない「独自性」が必要です。我が社の独自能力に気づき、それを、磨き上げ、商品や事業、組織としてつくりこんでいく。 「経営品質」の求める基本理念の1つ「独自能力」を発揮するために、より、創造的な組織になるためにはどうしたらいいか、事例とともに、具体的に考えていきましょう。
末吉 進 第3回 7月12日(水)
With You さいたま
ゲスト講師:末吉 進 氏
(経営品質アセッサーフォーラム改革支援部
・イキイキ経営研究所所長)

■人を活かす
事業を支えるのは、結局のところ「人」です。思うように社員が育たない。ついてこない。そんな悩みをお持ちの方も多いでしょう。 人材を育てるコツはどこにあるのか。風通しのよい組織風土をつくるにはどうしたらいいのか。「経営品質」が考える「人材育成」「組織開発」について、ともに学んでいきましょう。
第4回 8月23日(水)
さいたま商工会議所業務本部会議室
ゲスト講師:青柳 芳郎 氏
(経営品質アセッサーフォーラム改革支援部
・株式会社Mi-Lab代表)

■現場力を育てる
事業の基幹プロセスである、営業、開発、生産。 戦略を具現化するのは、現場の力です。個の力、チームの力、組織の力、そうした力の総和が、顧客の価値を生み出します。 足腰の強い企業にするために、何がポイントとなるのか、ともに考えていきましょう。

▲ トップに戻る

人材育成プログラム

セルフアセスメントA1 基礎編  全2日

経営品質の基本理念、重視する考え方を学習します。また、組織プロフィールの事例演習を通じて、現状分析の方法を学習します。

セルフアセスメントA2 体験編  全2日

アセスメント基準書に基づく経営活動の見方・考え方を学習します。また、カテゴリー・サブカテゴリーの基本要求事項を理解し、多様な経営の視点を習得します。 併せて、評点ガイドラインの学習を通じて、経営の成熟度の違いを体験します。

セルフアセスメントA3 実践編  連続2日

コースの総括として、セルフアセスメントの方法と効果的な対話の方法を習得し、変革者を志します。アセスメントの実践を視点するスキルを習得し、研鑽します。

▲ トップに戻る

埼玉県経営品質賞 受賞企業報告会

2016)年度の埼玉県経営品質賞は年度末の3月に受賞組織が賞委員会から発表され、4月の総会に併せて,「顧客価値経営フォーラム in 埼玉」の中で表彰式と受賞企業報告会を行います。受賞理由や組織の卓越した取り組みが明らかにされますので、たくさんの気づきが得られる絶好のチャンスです。

受賞企業は次の通りです。
埼玉県経営品質賞 優秀賞:新日本ビルサービス株式会社
埼玉県経営品質賞 奨励賞:株式会社コマーム
埼玉県経営品質協議会 推進賞:毎日興業アリーナ久喜
埼玉県経営品質協議会 推進賞:株式会社アイオプト

記念講演:株式会社カワムラモータース
      代表取締役 河村 将博 氏(2016年度日本経営品質賞)

▲ トップに戻る

広報

会報誌  年3回

埼玉県経営品質協議会の情報や経営に役立つ知識をお届けするため、SQA会報誌を年3回発行しています。
行事の案内や結果はSQAのホームページに掲載しています。
   http://www/sqa-net.jp

▲ トップに戻る

支援アドバイザー制度

推進賞アドバイザー派遣 (全6回)

埼玉県経営品質協議会推進賞に申請する企業に協議会が選定した専門の『推進アドバイザー』を派遣する制度です。原則として6回の訪問によって、『組織プロフィール』をまとめる支援を行います。
6回までの派遣費用の全額が埼玉県経営品質協議会から補助されます。(推進賞への応募が条件となります)



経営品質シニアアドバイザー派遣 (全6回)

埼玉県経営品質賞に申請する際、『経営品質シニアアドバイザー』の派遣を斡旋する制度です。
シニアアドバイザーは協議会が選定した経営品質専門家、審査リーダー経験者などの中小企業の経営に理解の深い経営品質の向上に精通した経験豊富な専門家です。
『申請書』のまとめと経営革新の指導を行います。派遣費用は契約ベースとなります。

※補助を含む派遣費用の詳細は2017年度埼玉県経営品質賞申請ガイドブックを参照して下さい。 派遣希望企業は、埼玉県経営品質協議会にお問い合わせ下さい。

▲ トップに戻る


革新支援事業(企業内研修・個別支援)

埼玉県経営品質協議会では、会員を対象に革新活動を進める上での支援を実施しています。

入門ベンチマーキングコース (出前講座)

集合研修を企業内研修として出前します。コーディネーターが貴社を訪問して実施します。
素晴らしい経営を実践している組織の映像を観て、優れた点や自組織との比較をし、気づいたことを書き留めていき、少人数のチームで感想を話し合いながら理解を深めていくコースです。 経営品質の専門用語等は抜きにして、実例から学び取っていきます。一緒に素晴らしい経営について考えていきましょう。


人材育成 (企業内研修)

下記のような内容の研修を、組織の特性や実情に応じて企画・ご提案いたします。

▲ トップに戻る